電動機器システム研究室

「電気-機械エネルギー変換コンポーネントおよびシステム」

輸送機器分野における電動化,生産技術における電動化など,時代の潮流において電気-機械エネルギー変換コンポーネントおよびシステムは重要な要素技術となっています。
「常に時流に先んずべし」という豊田佐吉の言葉を座右の銘に,電気-機械エネルギー変換コンポーネントおよびシステムの革新を目指して研究をしています。
キーワードとして,モータにおいては「高トルク且つ高出力重量密度」,電磁アクチュエータにおいては「ローレンツ力を利用した生産技術の電動化」,誘導加熱においては「機電一体」,電力変換器においては「複合機能化」です。
産業応用分野のため,新たなアプリケーションの創発の可能性も探求しながら産学連携に力を入れて研究を進めています。

次の記事

ワイヤレス情報通信研究室