/ 電気工学コース /
電力・エネルギー分野
パワーエレクトロニクス 電力制御 高電圧 エネルギー変換・貯蔵装置 新エネルギー

学びの特色

産業発展の基礎を支えるべく
電力エネルギーの有効利用、創出技術を身につける

産業の基盤となる電力・エネルギーについて、装置からシステムまで幅広く学び、電気を有効に使う技術や、新たなエネルギーを作り出す技術を身につけます。

学びの流れ

段階1
電力・エネルギーについて学ぶための基礎となる、電気・電子回路、電磁気学、パワーエレクトロニクス、電気機器などを習得します。

 

段階2
発電・送配電・蓄電などの電力系統に利用さ
れる電力機器や機器制御に関する専門知識を身につけます。また、電力系統の安定運用に必要な要素技術を習得します。

 

段階3
段階2までの知識・技術に加えて、電気材料、高電圧、電気化学の専門知識をもとに、次世代エネルギー社会を実現し得る送電線路・蓄電池などの開発手法を習得します。

 

卒業研究

  

将来の活躍

発・送電
教員

卒業生の声

日本電産エレシス株式会社
電気工学コース 電力・エネルギー分野
エンジニア
FDK株式会社
電気工学コース 電力・エネルギー分野
エンジニア
NECネットワーク・センサ株式会社
電気工学コース 電力・エネルギー分野
エンジニア

研究室紹介

蓄電装置研究室
色々な機能を持った膜の作製と評価
電力変換装置研究室
半導体電力変換技術を用いた電力・エネルギー制御
高電圧工学研究室
高電圧下で発生する現象の研究